ビジネスバッグ

ビジネスバッグ

ビジネスバッグ

このページは「キーボードの掃除方法 」の情報コンテンツです。
ビジネスバッグ > キーボードの掃除方法

豆知識

キーボードの掃除方法

キーボードって手で使うものですからどうしても手あかがついてしまったり、キーの隙間にホコリが溜まってしまったりしますよね?キーボードをキレイにするコツ、教えましょう。

風でキーボードの汚れを飛ばす

簡単な方法として、風を使ってキーボードの汚れを吹き飛ばしましょう。使うのはご自宅にあるドライヤー。熱を与えてはいけませんので、冷風にしてキーボードに風を当てます。その際、ゴミが飛び散ってもいいようにベランダでおこなったり、広い床の上に新聞紙を広げるなどして行いましょう。

コツとしては真上から風を当てるのではなく、斜めから風を当てましょう。また、風で汚れを飛ばすため長期間掃除されていなかったキーボードで汚れが固まっているものなどはキレイにできませんので、こまめに掃除してやるようにしましょう。

キーボードを逆さに向けて叩く

ノートパソコンの場合は本体そのものを叩くことになるのでできませんが、デスクトップパソコンのキーボードであれば逆さにして叩いてやるとゴミが結構落ちます。その時、あまり強くたたきすぎると壊れてしまいますのでご注意ください。

専用のジェルをつかう

キーボードクリーナーとしてスプレータイプで強い風が出るものや隙間が掃除しやすいブラシなどありますが、一番オススメなのはジェルタイプのキーボードクリーナー。ジェルと言っても整髪剤のようなものではなく、スライムのように柔らかいタイプ。キーボードにグッと押し付けてやることで隙間にジェルが入り込み、ゴミを一気に取り除いてくれます。掃除後のジェルはそのまま洗えますので、これはなかなかお勧めです。

キーボードを分解して洗う

他には、キーボードそのものを分解して水洗い・漂白剤を使うなどかなり手間をかけて掃除する方法もありますが、正直コレはオススメしません。慣れている方であればかまいませんが、キーを外す際に壊してしまったりキー裏のゴムを傷めてしまって壊してしまうなど、慣れていない方が行う方法ではありませんね。

キーボードの汚れ防止

キーボードを掃除してみて思うのは「これだけの汚れがまた溜まるのか?」ということ。一番はそもそも汚れないようにすることですね。一番てっとり早い方法はキーボードカバーを使う事です。メーカー純性のキーボードカバーなどもありますが、隙間がなくホコリが溜まることもキー自身が手あかなどで汚れることも防げます。ただ、キーボードカバーに慣れるまではタイピングしにくいかもしれませんが、、。

ビジネスバッグ 激安通販